グランディール音楽コンクール

棚瀬 麻実子

北星学園女子高等学校音楽科卒業
昭和音楽大学声楽科卒業、同大学音楽専攻科(声楽)修了
日本オペラ振興会オペラ歌手育成部研究生第4年次中途退所
声楽を畠山悠子、清水まり、松﨑千枝子の各氏に師事
2002年に帰帯

オペラの出演は、 第2回帯広市民オペラ「魔笛」公演(2002年) パミーナ役(指揮・江原功、演出・直井研二) 第3回帯広市民オペラ「椿姫」公演 (2006年) ヴィオレッタ・ヴァレリー役(指揮・増井信貴、演出・左藤慶)
2014tokachiOPERA「フィガロの結婚」公演 スザンナ役(指揮・杉原直基、演出・窪田稔) 第5回帯広市民オペラ「こうもり」公演(2015年)アデーレ役(指揮・杉原直基、演出・久恒秀典) 第6回帯広市民オペラ「カルメン」公演(2019年)カルメン役(指揮・松下京介、演出・喜田健司)

2016年より毎年1月に、帯広大谷短期大学主催のファミリーコンサート「0才からのコンサート音のおもちゃばこvol.1~5」に5年間、歌のお姉さんとして出演。2018年11月には、クラリネット奏者廣嶋如花、ピアニスト高畠由香とレインボーホールにてコンサートを開催(ソプラノ・クラリネット・ピアノによるTRIOCONCERT~三つの音色が織りなす音の調べ~)他、第8回帯広市新人演奏会、虹コンスペシャル、チロット音楽祭、北海道サミットコンサート(kitara小ホール)こえだの会コンサート、帯広市民オペラの会主催の演奏会など多数出演。

主な演奏曲は、 2010年帯広市民オペラの会10周年記念ガラコンサートにて「ラ・ボエーム」より“私の名はミミ”(指揮・米田 浩哉・帯広交響楽団)
2011年第3回チロット音楽祭アンサンブルMap’sとのコラボレーションコンサートにて「ファウスト」より“宝石の歌”、「メリーウィドウ」より“ヴィリアの歌”(Pf.安川真実・Vn.横溝耕一)
2012年帯広市民オペラの会十勝文化賞受賞記念コンサートにて「連隊の娘」より“富も栄華の家柄も”(Pf.安川真実)
2013年帯広市民オペラの会15周年記念コンサートOPERA4つの愛の物語にて「椿姫」より“あぁ、そはかの人か~花から花へ”(指揮・杉原直基・帯広交響楽団弦楽アンサンブル)
2017年オペラde Nightにて「道化師」より“大空を晴れやかに(鳥の歌)”(Pf.高畠由香) 2018年帯広市民オペラの会創立20周年記念演奏会にて「こうもり」より“公爵さま、あなたのようなお方は”(指揮・松下京介・帯広交響楽団弦楽アンサンブル)
2018年TRIOCONCERTにて「ジュリオ・チェザーレ」より“この胸に息のある限り”(Pf.高畠由香)

また、2012年より童謡からクラシックまで幅広く演奏する音楽ユニットLe cecoline(レ・チェコリーネ)を結成。音楽を身近で感じてもらえる演奏を目指し、ソプラノの中川睦、クラリネット奏者の廣嶋如花、ピアニスト高橋惠子と音更町図書館ロビーコンサートや十勝管内の小学校、福祉施設などで音楽活動。2018年よりピアニスト高畠由香、浜上恵梨子がメンバーに加わり活動の幅を広げている。歌唱指導では、2004年より「親と子のミュージカル劇団パズル」、2005年より「帯広市民ミュージカル(obiカル)」の歌唱指導者として毎年ミュージカル公演に携わる。2007年の十勝圏ファミリーミュージカル「小公子(リトルプリンス)」では、出演者の公募オーディションから関わり、歌唱指導として参加した。
第20回日本クラシック音楽コンクール 全国大会一般声楽部門入選
平成18年度十勝文化団体協議会文化新賞受賞
令和2年度十勝文化団体協議会文化奨励賞受賞
帯広市民オペラの会演奏会員。こえだの会、うたの会Felice各会員
音楽ユニット「レ・チェコリーネ」所属
親と子のミュージカル劇団パズル・帯広市民ミュージカルobiカル歌唱指導
帯広大谷短期大学非常勤講師・北海道池田高等学校民間非常勤講師
たなせまみこ声楽教室主宰