グランディール音楽コンクール

藤原 望

福岡県出身。11歳でポーランド・クラクフ交響楽団と共演など、国内外のオーケストラと共演。ウィーン・ベーゼンドルファーザール、東京オペラシティにてソロリサイタルなど、国内外でソリストとして活動。
日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位、全日本学生音楽コンクール福岡大会第1位、弥生の里音楽コンクール第1位グランプリなどの受賞歴。
桐朋学園大学院大学 修士課程修了。
大学院でコンチェルトソリストに抜擢され円光寺雅彦氏指揮で桐朋アカデミー・オーケストラと共演。
アムステルダム国立音楽院大学院に留学。
Conservatorium van Amsterdam オーケストラにて第2ヴァイオリン首席を務めた。オランダ政府解放記念祭、デルフト野外コンサートに出演。
フランス・パブロカザルス音楽祭にて演奏。
コロンビア大使館主催演奏会、上海理工大学記念式典、外国特派員協会、自動車メーカーVolvo展示会にゲスト出演。
日本財団ランチタイムコンサート出演。
NHK「ゆく年くる年」にてパガニーニカプリスを生演奏。
演奏活動の傍ら、コンクールの審査員を務め、8年前からオンラインレッスンを行い国内外に生徒を持つなど、教育者としても活動している。