グランディール音楽コンクール

大楽 勝美

17歳の時、札幌交響楽団の特別演奏会でベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を弾き、デビュー。
東京芸術大学付属高校、東京芸術大学首席卒業、同大学院修了。
イタリア政府給費留学生として、イタリア国立ローマアカデミアサンタチェチリア音楽院に留学中、ヴィオッティ=ヴァルセジア国際ピアノコンクールで日本人初の第1位受賞。エンナ国際コンクール第2位。イタリア国営テレビ(RAI)リサイタル(バルベリーニ宮殿)を始め、ヨーロッパ各地、日本全国で演奏。NHKテレビの音楽番組にレギュラー出演。また、国連の招きにより、ニューヨークカーネギーホールにて演奏し、絶賛を博す。
東京芸術大学助手、北海道教育大学講師、札幌大谷短期大学(現札幌大谷大学)准教授を歴任。
1993年、北海道文団協より芸術新賞を受賞。1998年、札幌市民文化奨励賞受賞。
現在、北海道を代表するピアニストとして日本全国にてソロ、室内楽、伴奏などの演奏だけでなく、音楽指導、アンサンブルクリニック、各コンクール審査、コンサートプロデュース、2017年10月からはSTVラジオ毎週日曜日18:00からのクラシック番組「大楽勝美のクラシックも聴いてみよう」ノパーソナリティも務めている。
2010年、「DAIRAK SUPER TRIO」を結成し、CD「四季」をリリース、日本各地で活発な活動を展開。
音楽工房G・M・P代表。室内楽サマーセミナー in Sapporo、アンサンブルクリニック in 帯広各プロデューサー。
グレンツェンピアノコンクール、日本クラシックコンクール、ヨーロッパ国際ピアノコンクール、毎日こどもピアノコンクールなどの審査員も務めている。

日本演奏連盟所属